以前、販売した1/78 イ号潜水艦巡潜乙型の再販に向けて
制作コスト削減、各メカ試験のために制作したモデル(画像のもの)を販売致します。

プロポ付き一式価格 300,000円 (木箱+船台+バッテリー予備)送料無料








・全長:140cm  幅:12cm  
・全備重量:4,5kg
・船体 FRP(エポキシグラス)

 *仕様
・RCメカ:双葉T6XH 6ch:4ch+1アンプ(中古40MHzプロポ使用)
・アンプ:HOBBYWING QUICRUN 1060
・KOG製マグネットスイッチMT20
・動力:EPS-350C(280クラス)×2 減速 6,6:1 二軸 
・動力バッテリー:ニッケル水素単三型6本、7,2V-2750mAh
・メインバラストタンク:遠心軸流ポンプ排水シュノーケル方式 容積 約750cc
・トリムバラストタンク:ピストンバラスト式、容積 約40cc
・ピッチコントローラー:加速度センサー式 PS-10 (たもつ模型)
   

本モデルの特徴はガス式バラストを改め、遠心軸流排水ポンプで排水を行います。
ガス式の場合は注排水を行うごとにガスを消費するため浮力がその都度変化し
注排水の回数も制限がありますが、ポンプ式の場合はバッテリー電力がある限り
浮力変化なく注排水が出来ます。
また、排水に掛かる時間は数秒で済むのでバッテリー消費は少なく済みます。
浮上は水中停止状態でも容量アップしたピストンバラストで浮上、艦橋が
水面上に出たところで排水ポンプを作動させると、メインバラストタンクが排水され
艦橋内にあるシュノーケルから空気を吸い込み浮上します。
注水はベント弁を開く事で注水され、ベント弁と排水ポンプのスイッチはサーボにて
制御しています。

船体は、FRP成型において薄手ガラスクロスを廃して、船体側面の排水口などの
穴あけ加工を省略し塗装で表現するなどして、加工コストを下げています。







※販売する試験モデルは、昨年8月12日に放送された「タモリ倶楽部」に出演した際に使用したモデルです。
       ↓
http://halohalo-online.blog.jp/archives/1060169963.html
https://www.youtube.com/watch?v=XA4TgHx7Ux8

お問合せはコチラまで → m-hirao@nifty.com